Latest Posts

公認会計士試験はとても難しい

公認会計士は弁護士や医師と同様に資格を取得するのがとても難しい業種です。その為、一発で合格するという方が本当に稀になっており、何回も試験に挑戦してようやく合格するようなとても難しい試験になっております。公認会計士の試験の合格率は、2010年以降になってようやく上がってきておりますが、それでも合格率は全体の10パーセントにしか満たない狭き門となっております。

公認会計士の試験は、必修科目である財務会計論、管理会計論、監査論、企業法、租税法の5科目と、選択科目である経営学、経済学、民法、統計学の中から1科目を選んでチャレンジする合計で5科目の試験内容となっております。それぞれの科目がとにかく出題範囲が広い事と、とにかく細かいところまで突っ込まれて出題されますので、いくら勉強してもし足りないと思ってしまうような試験内容となっております。特に必修科目の5科目に関しては、かなり時間をかけて勉強する事が求められますので、しっかりと理解しながら知識を積み重ねて行く必要が出てくるのです。

この部分だけ聞いてしまうと、これから勉強するという方にとっては、勉強してもうからないのではないかと思ってしまい、公認会計士を諦めてしまわれるかも知れませんが、不合格者の90パーセントの方の中には、まだ試験範囲の勉強が終っていないのに受けている方もいますので、しっかりと勉強すれば、公認会計士の資格取得も決して夢ではありません。そこでこちらでは、これから公認会計士の試験勉強をチャレンジする方のために、有益になる情報をご紹介していきます。特に公認会計士の試験に合格するまでにはどれくらいの期間が必要なのかなどの情報は参考になると思いますので、ぜひチェックしてください。